企業の法務部で働く場合は安定した収入が期待できる

民間企業の法務部で働く社労士は、取引先や顧客から労働問題や社会保険に関する相談対応や就業規則の作成が業務の中心となり、定年まで安定した収入が期待できるという特徴があります。特に、全国各地に営業所を構える大企業においては、優秀な社労士の採用活動が活発に行われており、資格を取得して間もない人や、実務経験が無い人も就職しやすい状況となっています。会社勤めの社労士の待遇は、それぞれの企業の業績や日々の業務内容、キャリアなどによって大きな差が出ることがあります。また、専門性が求められる分野の業務を担当する場合には、特別業務手当が支給されたり、実務経験の長さに応じて役職が与えられたりすることもあります。

個人事務所を開く場合は自分のペースで仕事ができる

社労士の資格を取得した後に個人で事務所を開く場合には、毎月地域の社会保険労務士会に一定の金額を納める必要がありますが、自分のペースで仕事ができるといった大きなメリットがあります。また、必要な研修を受講することにより、労働者に代わって未払い賃金の支払いに関する交渉ができるケースもあり、目標を持って仕事をしたい人にとって理想的な働き方と言えます。一方で、開業をして間もない頃は思うように固定の顧客を獲得できなかったり、満足のいく報酬を得られなかったりすることもあります。こうしたリスクに備えるには、開業に向けて早いうちから資金集めをするのはもちろんのこと、長く業界で仕事を続けている社労士にアドバイスを求めたりすることが大切です。

渋谷の社労士は、自分で事務所を開業している人や、大手企業の法務部門で働いている人など様々な働き方があります。