メディア授業のシステムが整っている大学院も多い

通信制大学院の学び方には、従来のようなテキスト学習だけでなく、オンライン上でのメディア授業、スクーリングなど様々なものがあります。特に、社会人の大学院生の数が多い通信制大学院の中には、仕事の合間に無理なく研究を進められるよう、メディア授業のシステムを整えているところが少なくありません。メディア授業の具体的な方法は大学院によって異なりますが、都合が良い時間にパソコンやタブレットを使って繰り返し講義を受けたり、分からない点を教員に直接メールや学内SNSを使って質問できたりと様々な長所があります。なお、メディア授業を中心に履修する場合には、授業料を含めた学費を安く抑えることも可能です。

スクーリング授業は教員や他の学生と交流を深められる

通信制大学院のスクーリング授業は、大学や各地の研修施設、会議室などに出向く必要がありますが、教員や他の学生と交流を深められるといった、メディア授業には無いメリットがあります。通信制大学院の研究科によっては、修士や博士の学位を取得するためにスクーリング授業への参加を必須としているところもあり、理想的な形で授業を受けるには定期的にスケジュールの調整が必要となります。全国各地に多数の学生がいる通信制大学院の中には、スクーリング授業の会場を多く設置したり、年に数回の授業の機会を設けたりしているところもあります。そうした中、自分のペースでスクーリング授業に参加をするうえで、日ごろからオンライン上で他の学生と意見交換をしたり、在学生の体験談を参考にしたりするのも良いでしょう。

通信制大学院の中には、一人ひとりの感性を大切にした教育目標を掲げる学校があります。個人面談やゼミなどで丁寧な指導を行うのが特徴です。