クレジットカードを使えるようにするには審査が必要

インターネットで商品やサービスを販売する会社にとって、一番大変なのは代金の徴収だといえます。というのは、現金の直接受け渡しが可能な実店舗と違い、オンラインだと現金を受け取るためにワンクッション必要になってくるからです。つまり、会社からすると客との間に別の会社を入れないことには現金を受け取ることができないわけです。

では、どういった企業がオンラインショップと客の間に入るのかというと、たとえば銀行やクレジットカード会社、信販会社ということになるわけですが、すべてのショップがこうした企業と契約できるとは限りません。クレジットカード払いを可能にするためにはカード会社の審査を受ける必要があり、なんらかの要因で落とされることもあるからです。

カード会社の審査よりも低いハードルで契約が可能

では、クレジットカード会社や信販会社と契約できないオンラインショップはどうすればいいのかというと、決済代行会社と契約するという方法があります。決済代行会社はショップに変わってカード会社や信販会社と契約し、手数料を取ってカード決済のシステムをショップに提供します。もちろん、オンラインショップが決済代行会社と契約する際にも審査はありますが、基本的にカード会社の審査と比べるとハードルが低く、また、審査に通れば一回の申し込みで複数のカードブランドを利用できるようになるので便利です。

クレジットカード以外にもコンビニで代金を支払うことができたり、電子マネーで払えたりというシステムも提供しているので、カードを持っていない学生、カードの利用に抵抗がある高齢者などからもスムーズに代金の徴収ができます。

決済代行とは、ネットショップやクレジットカード会社などが代金支払時に利用される口座振替やクレジットカードによる決済を顧客との間に入り、決済サービスを代行することです。