まずは、真似から始めよう

イラストを描きたいと思っても、いざ描こうとすると、どこから何から描けばいいのか迷ってしまったり、自分の描きたいイラストの完成形が想像できずに悩んでしまったり苦しんでしまうこともあると思います。そこでまず初心者さんには模写をおすすめします。模写といってもそっくりに描く必要はありません。自分が大好きだなと思うイラストをよく見て、そのイラストのどこが好きなのかよく考察しながら見よう見まねで描いていくを繰り返してみてください。そうしているうちに、だんだんとイラストを描く手順が身に付きます。上手なイラストのコツを盗むくらいの意欲で練習してみましょう。

あきらめずに最後まで描こう

始めから上手に描ける人なんてほとんどいません。なので描き始めは上手くいかずに何度もやり直したり、思い通りに描けずにイライラしたりすることもあるでしょう。上手くなりたい気持ちが強くなって描くのが楽しくなくなってしまったり。けれど、そんな時でも描こうと決めたものは最後まで完成させるようにしてください。上手くいかないからといって途中でやめてしまうのを繰り返すとイラストはいつまでたっても上達しません。それだけ完成させるという行為に意義があるのです。

一本の線を丁寧に描こう

あれもこれも描きたいと焦りが出てきて早く描けるようになりたいと思うこともあるかもしれません。その気持ちには注意が必要です。焦りはイラストをダメにしてしまう大きな原因。焦って雑になった線では思うようなイラストは描けません。描くのが遅い原因は大抵迷って引く線が多いからで、迷うのは知識がまだ足りないから。なので一本一本の線を丁寧に考えながら描くことを繰り返すことが上達、ひいては早く描けるようになる一番の近道です。

イラストの講座を受講すれば、自分だけではなかなか取得することができないイラストのテクニックが取得できます。