未回収の売掛金を買い取るサービス

事業資金を調達する方法には銀行からの融資が一般的です。しかし、実績が少ない会社にとって銀行からの信頼は薄く、審査に通過できないケースもゼロではありません。資金をすぐに調達したいけれども苦労されている経営者も多く、ビジネスローンを利用されるケースも多くなっています。そんな中、注目されているのがファクタリングです。これは資金調達する方法の一つで、未回収の売掛金をファクタリング会社が買い取る方法です。企業間取引は現金よりも掛け売りの取引の方が多いのが特徴です。売掛金が回収されていないものをファクタリング会社に買取して貰って現金を受け取る仕組みを利用すれば資金調達ができるメリットがあるわけです。

最短1日で資金調達も可能

支払い期間が長い契約などの場合、中々回収ができないので現金化への道のりも長引いてしまいます。売り上げを利用して資金にしたい、こんな時に役立つ存在になってくれるのがファクタリングサービスです。売掛金は商品の納品やサービス提供が終了して、請求書を送付したけれども支払い期日が先になるので入金が行われていないお金を意味します。将来的には支払いが行われるものの、資金繰りがすぐに迫っている時などは、現金化ができませんので使えないデメリットを持ちます。ファクタリング会社を利用する時には、売掛債権を売却するだけで現金ができるので、最短1日で資金調達が可能なケースも少なくありません。ちなみに、売掛金の額にもよりますが1,000万円の売却も可能なケースがあると言います。

ファクタリングとは、企業の資金調達の方法のひとつです。日本におけるビジネスでは信用取引が一般的ですが、その際に生じる未回収の売掛金を売却することで現金化することができます。