iDeCOって何?iDeCOの基礎を知ろう!

豊かな老後を過ごすために、年金だけでは物足りないかも、と不安に感じている方にはiDeCOがお勧めです。iDeCOとは、個人型確定拠出年金のことで、毎月5,000円から1,000円単位で選ぶことの出来る掛金を投資信託や定期預金などで運用しながら積み立てていくものです。この積み立てていった資産は60歳以上になると受け取ることが出来ます。似たような金融商品に確定個人年金というものがありますが、最大の違いは税制上でのメリットです。確定個人年金の控除額は所得税で40,000円、住民税で28,000円が上限ですが、iDeCOの場合は掛金の上限までは全額所得控除対象になる他、運用している間の利益も非課税という大きなメリットがあります。さらに受け取り時は退職所得などの税金がかかりにくい形での受け取りになります。

メリット色々!しっかり運用しまとまった老後資金に!

iDeCOには先ほど挙げた税制面での他にも多くのメリットがあります。その1つがiDeCOの掛金は毎月選ぶことが出来るという点です。従ってボーナス月に金額を多くしたりなどの柔軟な運用が出来ます。さらにiDeCOで取り扱っている金融商品は信託報酬などのコストが低く抑えられています。iDeCO以外で自分で投資信託をするよりも手軽ですし、何より運用の成果を出しやすいシステムになっているのが特徴です。一般的に必要とされる老後資金はおよそ3000万円と言われています。この資金を確保する選択肢の1つとして、節税対策にも優れたiDeCOは有力であると考えられます。

iDeCOとは私的年金の1つで、国民年金など公的年金にプラスして給付を受け取ることができます。掛金を自身で運用しながら積み立てていきます。